ローヤルゼリー物語

ローヤルゼリーの効果(2)

エストロゲンが更年期障害を改善

■更年期に起こるエストロゲンの減少

 更年期の時期に差し掛かると、女性は加齢のために卵巣の機能が低下して 女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。それが引き金となって、女性ホルモンのバランスが全体的に乱れてくるのです。更年期の時期に差し掛かると個人差はあれど、このエストロゲンの減少は必ず発生してしまいます。

 卵巣機能の低下により女性ホルモンエストロゲンが不足してしまうと、エストロゲンの分泌を促進するために脳などの性腺刺激ホルモンを盛んに分泌します。しかしそのことによって、一方ではホルモンの増加、もう一方ではホルモンの欠乏などホルモンバランスの乱れが発生してしまうのです。この乱れが原因で自律神経に影響を与えてしまい、イライラや不眠、うつや倦怠感などの症状を引き起こします。これが、更年期障害と呼ばれるものです。


ローヤルゼリーでホルモンバランスの改善

■更年期障害の改善となるエストロゲン

 更年期障害の改善となるのが、エストロゲンですエストロゲンの減少によって更年期障害が引き起こされるのですが、ローヤルゼリーにはそれと同じ効果を持つ成分が含まれているのです。つまり、更年期に差し掛かった女性のエストロゲンの役割は、ローヤルゼリーを摂ることで補うことができるということです。このエストロゲンと同じ効果を持つローヤルゼリーを摂ることで、ホルモンバランスの乱れた状態を改善する生理機能の役割を果たすということです。

pickup

2017/1/30 更新

Copyright (C) 2008 はちみつのパワー. All Rights Reserved.