ローヤルゼリー物語

ローヤルゼリーの生成方法

人口王台でローヤルゼリーを採取

 ローヤルゼリーは、花から取ってきた花粉を働きバチが食べてそれを体の中で分解、そして合成して蜜蜂の唾液腺ともいえる大腮腺や咽頭腺などから分泌します。ローヤルゼリーは乳白色の液体で、「峰乳」や「王乳」とも言います。実際、このローヤルゼリーを食べることができるのは蜜蜂の中でも女王蜂のみです。女王蜂は、「王台」と呼ばれる特別なところに産み落とされた働き蜂だけが、ローヤルゼリーを与えられ女王蜂となります。元々は、女王蜂は働き蜂と同じ蜂なのです。このローヤルゼリーを製品化するにあたって、女王蜂が産み落とされる王台を人工的に作り、この「人工王台」に幼虫を移植して巣箱に移し、この巣箱からローヤルゼリーを多く採取できるような方法がとられています。

ローヤルゼリーの生成過程

1.人口王台に幼虫を移植

ローヤルゼリーを人工的に作るためには、まず蜜蜂の幼虫を人口王台に移植し、巣箱の中に入れます。すると働き蜂は、人工王台に移植した幼虫を女王蜂になる蜂だと認識するので、栄養成分豊富なローヤルゼリーをこの幼虫に与え続けるのです。

2.巣箱から人口王台を取り出す

幼虫と移植してから、72時間の間に巣箱から人工王台を取り出します。取り出した巣箱の中にある人工王台には、働き蜂が幼虫に与え続けたローヤルゼリーがぎっしりと詰まっています。幼虫を移植してから72時間の間にこの巣箱を取り出すのがポイントです。

3.ローヤルゼリーを取り出す

巣箱から人口王台を取り出したら、人口王台に移植した幼虫を手作業で丁寧にひとつひとつ取り出します。幼虫を取り出した後には、働き蜂が与え続けたローヤルゼリーがぎっしりと詰まっていますので、これを採取。これが、私たちが食するローヤルゼリーとなります。

4.ローヤルゼリーの完成

人口王台から採取したローヤルゼリーは、生、乾燥、調製と製品の特徴に応じてそれぞれの工程を経て、私たちが食するローヤルゼリーとなります。このとき、当協議会の審査に通ったローヤルゼリーには公正マークがつけられます。

check

Last update:2015/7/1

Copyright (C) 2008 はちみつのパワー. All Rights Reserved.